ED治療に頭痛薬そして最終手段は陰茎形成術もある

お酒を飲んだ時に顔がすぐ赤くなる方や頭痛を伴うといった人は、ED治療薬を服用することで頭痛を引き起こすことがあります。そのような時に頭痛薬を併用することも可能です。頭痛薬で頭痛をカバーしながら勃起不全改善に取り組めるのはメリットです。しかしED治療薬は併用してはいけない医薬品、または服用してはいない人がいます。主に狭心症や心筋梗塞に関する医薬品とその症状が持病である場合は、ED治療薬は服用できません。その点は注意してください。頭痛薬を服用できますので、性行為の際にED治療薬を服用する場合は、一緒に所持しておくと良いでしょう。

ED治療薬には大きく分けて3種類あり、それぞれに特徴が異なっています。また食後に服用しても良いタイプがありますが、できるなら胃が空の状態の時に服用することが推奨されています。カロリー量によって制限があり、また高脂肪の食事をした後はED治療薬の吸収が極端に悪くなることもあります。よって食前の服用が推奨されます。医薬品によっては30時間以上の持続性がある薬もありますので、そのような医薬品を使うことでデートに支障をきたさない服用方法もできます。性交渉とデートは密接に関わっていますので、工夫して服用してください。

ED治療薬は効果が高い医薬品ですが、残念ながら効果が出ない方もいます。そのような方には陰茎形成術があります。この陰茎形成術は最後の手段になりますので、医薬品で効果がない場合はこのような方法で改善をすると良いでしょう。しかし陰茎形成術ができるクリニックや医師の数が少なく、まだ知名度が少ない治療であるのは確かです。ED治療薬や陰茎形成術の他にもいろんな改善方法がありますので、それらの方法にアプローチしてみてください。