医薬品のネット販売に関する薬事法

平成26年6月から、一般用医薬品のインターネット販売が可能になります。
これは薬事法により許可を得ている薬局または店舗販売業者で、実店舗をもつ薬局・薬店が行えることで、実店舗をもたない業者の医薬品ネット販売はできません。
またネット販売される医薬品は、実店舗で陳列しているか貯蔵している医薬品にかぎられます。
また薬剤師が常駐していることと、電話やネットなどで相談に応じることができる環境が必要です。

一般用医薬品は市販薬、大衆薬などといわれ、薬局で医師の処方箋なしに購入できる薬です。
年齢や性別、体重、体調などが違う多くの人たちが使うために、効き目を抑えている面があります。
医薬品の安全性、有効性、品質の確保は薬事法により厳しく規定されています。
適切に利用するために、薬剤師が服用の仕方や副作用などのリスクの情報を提供します。

一般用医薬品は3種類に分けられています。
第1類は副作用のおそれのある胃薬や毛髪用薬などで、薬剤師が情報を提供します。
第2類は副作用のおそれのあるもので、風邪薬や、解熱・鎮痛剤、胃腸薬などです。
第3類はビタミン剤や整腸剤などです。
これはインターネットで販売されています。

風邪薬や咳止めなどの乱用の恐れのある薬は、薬剤師が情報を提供し注意を促すとともに、必要な数量(通常一回に一つ)に制限します。

医薬品 ネット販売のメリットは、人に見られないですむという利点があります。
また、薬剤師とネットでのやり取りが可能なため、店舗で買うよりも詳しい説明をきくことができるということがあります。
店舗に薬剤師がいても、実際には何分も説明をしている時間がないということが多くあります。
風邪薬や鎮痛・解熱薬などでも、薬に対する個人の相性があるので、いままで飲んでいた薬では胃に悪い、眠気がするなどの副作用があった場合に、別の薬を選んでもらうことが可能になります。

↓ED治療薬の購入についてはこちら
バイアグラ 通販